スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦没者記念日、そして61回目の独立記念日。


 イスラエルでは、昨日の夜から戦没者記念日です。建国前の1860年から現在まで、22,570名に至る戦没者を記憶する日。ここ1年で、新たに133人の戦没者名が加わったそうです。

エルサレム「西の壁」での記念式典
【西の壁での記念式典】(Ynetより転載)

 イスラエルでは10代の若い兵士であっても、職業軍人であっても、戦没者として同様の扱いです。軍人墓地のあるヘルツェル丘に行くと、兵士の墓がすべて同じであることに気付きます。

 軍での階級などに関係なく、貴い1つの魂であるという認識からなのでしょう。生命を尊ぶユダヤ教の一面を垣間見る思いがします。

 昨夜の式典でのペレス大統領の演説を要約すると――

 「建国以来61年間、私たちは子供たちを葬ってきました。際限のない悲しみに覆われます。しかし近年も、私たちの存在への脅迫は止むことがなく、私たちには逃げずに戦うしか道がないのです。私たちは戦争を望みません。しかしこれを強いられる時、私たちの友人にも、私たちを憎む者にも、等しく私は申し上げたい。どうぞ、正しい側に立ってください」

 今年は日本の主権回復記念日と重なったのも、不思議な巡り合わせですね。今夜から、イスラエル独立記念日の祭典が始まります。

 ★イスラエル情報なら――隔月刊雑誌「みるとす」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人I.T.

Author:管理人I.T.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。