スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みるとす」2011年2月号 明日発刊&発送


 今日は「北方領土の日」で、九段界隈では大音量で走る車などが往き来しており、機動隊もいたりしてちょっと物々しい雰囲気になっています。

 寒さもだいぶゆるんできたように思いますが、このまま温かい春まで温度は上昇し続けていくのでしょうか。桜が待ち遠しい時期になってきました。

 さて、少々発刊が遅れておりました「みるとす」2月号が、ようやく明日入荷します。購読してくださっている皆様にはお待たせを致しました。明日発送する予定ですので、今しばらくお待ちください。

 これが2月号の表紙「プリムで仮装する幼稚園の子供たち」です。プリムのお祭りは、今年は3月20日になります。

「みるとす」2月号(No.114)

 さて、本号から新連載が2本スタートします。1つは歴史小説「マサダの声」。難攻不落の自然の城砦マサダは、2000年前ユダヤの最後の砦として約1000名が最後まで戦い抜いた場所です。

 著者はダヴィッド・コソフ(David Kossoff)という、ロンドンのロシア系ユダヤ人で、俳優、作家。名ストーリー・テラー(語り手)としてラジオ、テレビで活躍して好評を博した人物。

 歴史的にも記述の少ないマサダの物語ですが、その情景はどのようなものだったのか。その模様がドラマチックに描かれる連載物語です。

 もう1つは、シリーズ「ユダヤ賢者の教え」。タルムードに掲載されている物語を、やさしく紹介していきます。

 ほとんどがアラム語で書かれており、日本人には縁遠いユダヤの聖典「タルムード」。やさしいストーリーの中に、その奥義を垣間見ることができます。

 乞うご期待!




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人I.T.

Author:管理人I.T.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。