FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルトスのノンフィクション「人間記録」シリーズの新刊


 7月になりました。沖縄では梅雨明けが宣言されたそうですが、東京は梅雨の真っ最中。梅雨が終わると、本格的な夏が始まりますね。

 夏から連想するものはたくさんありますが、皆さんは何を真っ先に思い出しますか。私は、東京の九段で仕事をしているせいもあるのか、特に8月は「敗戦」を思い起こします。

 あの大戦から64年。今年も敗戦の夏を迎えようとしています。「敗戦」とは、昭和に生を受け、戦後どっぷり育ちの私にとって、意識的に伝承されるべきことの1つと自戒しています。

 戦中派と呼ばれる人たちは齢80歳を越え、生き証人から直接お話を聞けるのも、もはや長くはないでしょう。

 そんな中、今夏ミルトスから意義のある1冊が発刊されます。
 『少年兵の青春記録 生きるも死ぬも』
  ― 海軍飛行予科練習生からキリストの弟子に

少年兵の青春記録 生きるも死ぬも ――軍飛行予科練習生からキリストの弟子に

 15歳で「七つボタン」に志願し、海軍の壮絶な訓練を乗り越えてきた著者が、その思いの丈を込めて書き下ろした渾身の1冊――。

 60年以上の月日が経った今の時代でも、その一途な生き様には共鳴・感動します。あの佐藤優氏も原稿を読まれて非常に感動され、帯に推薦文を書いてくださいました。

 神と日本と同胞を愛する
 財津正彌氏の真心に感動した。


 著者の財津氏は、戦争という状況下に海軍飛行予科練習生として何を見、何を感じたのか。また敗戦を乗り越えて見いだした生き方とは……。

 この夏、オススメの1冊です。7月10日、全国の書店で発売開始。
 現在、予約受付中。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人I.T.

Author:管理人I.T.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。