スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『列王記上Ⅱ』が全国の書店にて発売されました


 タイトルの通りですが、この度、長い夏を経て、ヘブライ語聖書対訳シリーズ17『列王記上Ⅱ』を、ようやく発刊することができました。
ヘブライ語聖書対訳シリーズ17『列王記上Ⅱ』
 実はこの巻、巻数は第17巻なのですが、今回がシリーズ発刊で通算20巻目なんです。全45巻というボリュームの「対訳シリーズ」。要望の多い巻から出していますが、今回が20冊目の配本というわけなのです。

 「えぇ~、まだ半分もいってへんの? あと25巻もあるやんか。全部出すのに、何年かかんねん?!」という貴方。(いや、別に関西人限定ではありませんが)

 ご心配無用、――とは言い切れませんが、これからもっと速いペースで発刊していく計画を立てています。今まではせいぜい1~2年に1冊でしたが、これからの目標は1年に2~3冊。目標は高く……、じゃなくて、実際にこのペースで出せるよう態勢を整えています。

 と言っても、いくらハイペースでいけたとしても、あと10年前後はかかります。皆さん、今しばらくご辛抱の上、温かく見守ってくださいね。いや、見守るだけでなく、こちらからお求めください!

 本巻の内容は、過去の記事もご参照ください。

スポンサーサイト

雑誌「みるとす」10月号を校了・印刷所へ入稿


 ようやく先ほど、雑誌「みるとす」10月号を印刷所へ入稿することができました。思いがけず、今年から始まった(?)シルバーウィークのお蔭で、本号は少々手間取りました。

 いつも奇数月の20日前後が「みるとす」の入稿日になるのですが、何故か奇数月の20日あたりって、休日が多いんですよね。今年で言うなら、3月、7月、9月、11月すべて20日前後に祝日があります。

 締め切り前に休日があっても、休むに休めない状況になることがしばしば。さらに、発刊がずれ込んでしまう事態も発生します。偶数月には20日前後なんてほとんど何もないのに、何でこうなってしまうのだろう……。

 という事情から、10月号はちょっとずれ込んでの発刊となり、10月5日が全国への発送予定日となっております。購読者の皆様、ご了承くださいませ。m(_ _)m いいわけ……

 さて、昨夜は友人Y氏と夜中まで呑んで語り合っておりました。Yさんは私よりも少し若い30代半ばで、取締役社長として活躍しておられる「おしぼり屋さん」です。

 彼は社長であり、自らの足で西に東に奔走する営業マンでもあります。そして、売上の一部をイスラエルの緑化基金に寄付する「グリーンエイジプロジェクト」を立ち上げたという、志高き経営者。その姿勢に学ぶところ大でした。

 ピンチはチャンスとよく言われますが、この不況の時にこそ(特に出版不況は甚だしいですが)、ミルトスにしかできないことがあるのだと思います。う~ん、なんだか勇気が湧いてきたぞ。

 業種はまったく違いますが、良い刺激になりました。Yさん、ありがとう。

「聖書の国イスラエル」イベントのお知らせ


 今年の夏は短いそうで、早くも秋の気配を感じる今日この頃です。この時期、残暑に苦しめられていた記憶がありますが、今年は快適に過ごせそうです。

 さて、友人からの紹介でイスラエルのイベントをご紹介いたします。その名も「聖書の国イスラエル」。

 イスラエルを紹介する美しい映像や、イスラエルに留学した人の体験談などを通し、日本の報道などでは知ることのできないイスラエルを発見することでしょう。

聖書の国 イスラエル

「聖書の国 イスラエル」
日時:9月13日(日) 午後1時半より
場所:渋谷シダックスホール 2F

 ※入場無料
 ※お申し込み・質問は、こちらからメールでどうぞ。

 これからイスラエルに行こうかなと考えている人や、生のイスラエルに触れてみたい人に、ぜひオススメです。

プロフィール

管理人I.T.

Author:管理人I.T.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。