スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌「みるとす」最新8月号が本日入荷・発送


 暑い日が続いております。まもなく8月。いよいよ夏本番ですね。

 イスラエル・ユダヤ・中東がわかる隔月刊雑誌「みるとす」が、本日入荷しました。2~3日後には、皆さんのお手元に届きます。

 本号の表紙は、前回のブログの問題にしましたが、そう、角笛(ショファール)を吹く人のシルエット写真。

 ミルトスのトップページから表紙の全貌をご覧ください。

 暑い8月を乗り越えた9月には、ユダヤ新年を迎えます。新年は角笛の響きと共にやってきます。

 できたての「みるとす」をあなたにも、どうぞ。

スポンサーサイト

雑誌「みるとす」09年8月号が校了・間もなく印刷


 昨夜未明、雑誌「みるとす」8月号を校了し、印刷所へ入稿しました。今が一番ほっとする瞬間であり、緊張する期間でもあります。

 それは、一応形にすることのできた「安心感」と、校正ミスなどがないかどうかの「不安感」が入り交じった複雑な気持ち。印刷所から出される校正紙で、最終的なチェックをしたら、もう後戻りはできません。

 ところで、「入稿」とは、ある辞書によると、「印刷するための原稿を印刷所に渡すこと」とあります。つまり、入稿する日が、我々にとっての、いわゆる「締め切り日」になります。

 入稿は、つい最近までは紙にプリントした「版下」と、図版(写真など)を指定するための資料(本や紙焼きの写真)など、時には両手で抱えきれない程の量になりました。

 でも最近ではCD-ROMやMO1枚と、確認のためにプリントした紙のみ。制作者としてはとても楽になりましたが、職人芸が要らなくなった分、どこかで少し気が抜けているのかもしれません。

 私はこのような仕事に携わってまだ10年程度ですが、この10年で印刷形態は大きく様変わりしています。紙文化はこれからも変わらないでしょう。そして印刷の文化は、これからも変わり続けることでしょう。

 さて、ここで問題。
「みるとす」09年8月号 表紙写真の一部

 これは、次号の表紙を飾る写真の一部を切り抜いたもの。いつ、どこで、誰が、何をしているところか、お分かりになりますか?


聖書の世界シリーズのダイジェスト版が見られます


 東京ではめっぽう暑い日でした。今日は、新刊『少年兵の青春記録 生きるも死ぬも ―海軍飛行予科練習生からキリストの弟子に』の見本ができ、無事に取次に納品してきました。

 すでにミルトスオンラインショップにてご予約いただいた方、ありがとうざいました。いよいよ今週末より、全国の書店で発売開始です。

 そんなわけで、朝からずっと歩きっぱなしで、帰ってきたら汗だく……。今日は七夕ですが、小暑と呼ばれる日だそうで、梅雨明けが近づき暑さが本格的になるのがこの小暑だとか。納得です。

 さて、DVD聖書の世界シリーズが、「聖都エルサレム」が発売されたことによって、完結となりました。このシリーズ、もう2度と撮影できないような場所が含まれているので、貴重な映像が満載なんです。

 「旧約聖書編」「新約聖書編」「パウロと初代教会編」「聖都エルサレム」と全4巻ですが、すべてのダイジェスト版がご覧いただけるようになりました。詳しくはリンク先をご覧ください。

 このブログにも1つだけ、最新「聖都エルサレム」を貼っておきますね。



 詳しくは、ミルトスオンラインショップをご覧ください。

ミルトスのノンフィクション「人間記録」シリーズの新刊


 7月になりました。沖縄では梅雨明けが宣言されたそうですが、東京は梅雨の真っ最中。梅雨が終わると、本格的な夏が始まりますね。

 夏から連想するものはたくさんありますが、皆さんは何を真っ先に思い出しますか。私は、東京の九段で仕事をしているせいもあるのか、特に8月は「敗戦」を思い起こします。

 あの大戦から64年。今年も敗戦の夏を迎えようとしています。「敗戦」とは、昭和に生を受け、戦後どっぷり育ちの私にとって、意識的に伝承されるべきことの1つと自戒しています。

 戦中派と呼ばれる人たちは齢80歳を越え、生き証人から直接お話を聞けるのも、もはや長くはないでしょう。

 そんな中、今夏ミルトスから意義のある1冊が発刊されます。
 『少年兵の青春記録 生きるも死ぬも』
  ― 海軍飛行予科練習生からキリストの弟子に

少年兵の青春記録 生きるも死ぬも ――軍飛行予科練習生からキリストの弟子に

 15歳で「七つボタン」に志願し、海軍の壮絶な訓練を乗り越えてきた著者が、その思いの丈を込めて書き下ろした渾身の1冊――。

 60年以上の月日が経った今の時代でも、その一途な生き様には共鳴・感動します。あの佐藤優氏も原稿を読まれて非常に感動され、帯に推薦文を書いてくださいました。

 神と日本と同胞を愛する
 財津正彌氏の真心に感動した。


 著者の財津氏は、戦争という状況下に海軍飛行予科練習生として何を見、何を感じたのか。また敗戦を乗り越えて見いだした生き方とは……。

 この夏、オススメの1冊です。7月10日、全国の書店で発売開始。
 現在、予約受付中。
プロフィール

管理人I.T.

Author:管理人I.T.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。