スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七週の祭り/刈り入れの祭り/トーラー伝授の祭り


 ヘブライ語で「שבועות(シャブオット)」と呼ばれるお祭りが、今日から始まります。(正確には昨日の夕方からですが。)

 シャブオットは、ユダヤ教の3大祭りの1つで、とても大切なものです。このお祭りに色々な名前が付けられていることからもわかります。

 シャブオットとは、単語としては「שבוע(シャブア)=1週」の複数形で、ペサハ(過ぎ越しの祭り)から7週間と1日後にやって来るお祭りです。そこから「七週の祭り」と日本語で訳されたりします。

 また、小麦の収穫期が始まるこの時期に、初穂から作られた小麦粉を神殿の祭司に奉納していたことから、「刈り入れの祭り」「初物の祭り」とか呼ばれることもあります。

 イスラエルの民がカナンの地に定着した後、農業と関連してそのような一面が顔を出したのだと想像できます。

 さらに、このお祭りは「ハグ・マタン・トーラー(トーラー伝授祭)」とも言われます。モーセがシナイ山でトーラーを授かったのがこの日なんだとか。

収穫するルツと十戒の板

 いろいろな内容を含むこのお祭り。キリスト教徒の間では、ペンテコステという名で知られています。これは「五旬節」と訳されたりしますが、シャブオットの「49+1=50日」から来ている言葉です。

 詳しくは、ミルトスHP「イスラエル・ユダヤ情報バンク」『やさしいユダヤ教Q&A』などに載っていますので、ご参照ください。
スポンサーサイト

ローマ法王訪イ/エジプト・イスラエル首脳会談/ラグ・バオメル

 ローマ法王ベネディクト16世が、イスラエルを訪問中です。エルサレムのヤッド・バシェム(虐殺記念館)を訪れ、追悼式が行なわれました。

 法王は先日、ホロコーストを否定した司教の波紋を解除したとのことで、強い反発がありましたが、この度のヤッド・バシェムでの演説でも「謝罪の言葉を聞けず、失望した」との声が上がっています。

 法王はドイツ出身で、ナチスの青少年組織に所属していたことがあり、ユダヤ人はかなり厳しい目で見ているようです。

 また、法王が参加したエルサレムでの三大宗教者会議では、イスラム代表者が予定外のイスラエル非難演説を始めたため、司会者がそれを制して会場が騒然となり、退席を余儀なくされる場面もあったとか。なかなか大変そうですねぇ。

 15日には、エルアル・イスラエル航空の特別機で帰途につく予定です。

 同日、ネタニヤフ・イスラエル首相がエジプトのムバラク大統領とシナイ半島のシャルム・エルシェイフで会談。ネタニヤフ氏が就任後最初の外遊地に選んだのがエジプトです。

 今月18日にはネタニヤフ首相が、また28日にはムバラク大統領がオバマ大統領と会談する予定で、その直前のアピールなんでしょうか。

 さて、今日はユダヤ教で「ラグ・バオメル」というお祭りです。過ぎ越しの祭りから数えて33日目。この時期は、シャブオット(ペンテコステ)までの50日間を、指折り数えて過ごします。

 現在、隔月刊雑誌「みるとす」6月号を編集中です。お楽しみに!
プロフィール

管理人I.T.

Author:管理人I.T.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。