スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた記録更新、ミルトスの新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)です。

 『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)の新しい記録です。

★紀伊國屋書店 文芸書部門第5位
★ジュンク堂書店池袋本店 人文書部門第2位


 ということで、新たに2部門でのランクインです。

 紀伊國屋書店の店頭にある検索機で「ベストセラー検索」というのがあるんですね。今日、その部門別をみたら、文芸書で第5位になっているではありませんか!

 ジュンク堂書店は9月15~21日での集計結果のようです。ありがとうございました。

 今日も朝からずっと『恋ひ死なむ』の営業に回っておりました。今日は東京都内の大手書店ばかりでしたが、反応は様々。

 神保町に本店を構える、大手S書店本店からは「いや~、この本ノーマークでした」と、あわてて注文をいただきました。

 10月4日には、読売新聞全国紙の朝刊一面に三八つ広告を皮切りに、10月は次々と各紙誌で広告を展開していきます。新たな反応がでてくることでしょう。今後に乞うご期待です。
スポンサーサイト

『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)が、デビュー早々、紀伊國屋書店でランクインしました!

 新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)は、18日に業者に搬入して、早いところでも19日に「デビュー」したばかりですが、いきなり紀伊國屋でランクインしました!

★紀伊國屋新宿本店 週間ベストセラー 第5位!
★紀伊國屋総合 週間ベストセラー 第13位!


 発刊から10日程しか経っておりませんが、すぐに重版決定です。
 ご購入いただいた皆さん、ありがとうございます!

ついに、『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)が全国書店の店頭に……

パネル付きで並ぶ『恋ひ死なむ』

 先週、18日(木曜日)に取次業者に搬入された新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)が、早いところでは翌19日には店頭に並びました。いやぁ、新刊の流通っていうのは、早いですねぇ。

 今回、特に大手のK書店には全面的なご協力を得て、新宿の本店でも1階で大きく展開してくださっています。写真は1階のレジのそばですが、表のワゴンのところにも2列ほど平積みにしてあります。

 これからが楽しみの、ミルトスの新刊です。

『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)本日ついに入荷!

 待ちに待った新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)が、とうとう入荷しました。と同時に、取次各社へ搬入されました。

 この本に関しては、アマゾンを含めて、かなりの予約をいただきました。皆さんのお手元に届くのは、もうすぐです。お待たせしました!

『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)の見本ができました! 本日、取次各社へ納本してきました。

できたてほやほや『恋ひ死なむ』

 今月の新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)の見本が刷り上がりました。見本といっても、本番と同じもの。なかなかの出来映えだと思いませんか?(ちょっと写真のクオリティがいまいちですが……)

 今日1日、取次各社へ納本したり、書店を回ったりで、帰社したのは午後5時前。途中で雨に見舞われたりしながら、帰り着いたらぐったりでした。でも今日はいろいろと成果を得られました。

 その1つ、新宿に本店を置くK書店では、1階でかなり広くパネル付きで展開してもらえることに! 入り口とレジの間のとっても良い場所をいただけるとのこと。夢のようです。

 さっそくパネル作りを……、と意気込んで帰って来ましたが、その他の仕事が待っていたのと、私の体力が続かないのとで、今日は無理……。明日以降に作り始めます。

ミルトス新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)の印刷、順調に回っているようです。

 いよいよ発刊間近となったミルトス新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)。印刷所の行程も順調に進んだようで、入荷日も予定より多少早くなりそうです。

 予約してくださっている皆さんに、少しでも早くお届けできるよう、ベストを尽くしますので、皆さん待っててくださいね!

 今日もずっと山手線内の書店をぐるぐると回っていました。書店営業って、基本的にアポなしなので、担当者不在で営業にならないケースが結構あります。

 今日は半分以上の担当者と会えませんでした。(T_T) おまけに、アポを取っていたはずの人とも会えず、なんだかなぁ~。私の勘違いだったのでしょうか。

 最後の最後、午後なら出社するという担当者に会いに、わざわざYブックセンターに再度行き、やっと会えて良かったです~。『恋ひ死なむ』の営業もいよいよ大詰め。また明日から気合いを入れてガンバロ~。

新生ミルトス・ウェブサイトの完成は間近……

 本日、サイトマップが出来上がり、これで基本的なコンテンツは完成したと言えるでしょうか。旧リンクからのエラーメッセージも、一通り完成したようで、ホッとしています。

 とは言え、勝負はこれから。雑誌「みるとす」のページの充実と、イスラエル・ユダヤ情報バンクを構築していくことが、今後の大きな宿題になりそうです。

 何とか、今年中にはほぼ100%の完成品を見たいもんですなぁ……。って人ごとのようですが、私のがんばり次第なもんで……。

今日は、今月の新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)の営業に回っていました。

 今日は、朝からずっと外回りをしていました。このHPの改訂や、新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)の作業等があり、ずっとこもりがちだったので久々の外回りでした。

 朝、新宿にあるK書店本部の総仕入部の方と商談。この新刊が、全国の店舗に行き渡るよう協力していただけることになりました。業界No.1の書店ですから、頼もしい限りです。

 その足で横浜地区の書店を回りました。どこも好対応でした。特に東口のそごう7階の書店では、4箇所に分けて展開してくれることに。発刊後の反応が楽しみになってきました。

 いろいろと回ったので、くたくたになって事務所に帰り着いたら、すでに夕方。客人からいただいたアイスをいただき、元気を回復しました。Tさん、ありがとうございました。

『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)の予約が、全国から入りつつあります。

 9月下旬発刊の新刊『恋ひ死なむ』(毛利恒之著)の予約が入っています。著者の毛利氏は、映画にもなった『月光の夏』で有名ですが、様々なノンフィクション・ノベルを書き続けている方です。

 特に戦争と戦後の問題を取り扱い、講談社文庫から発刊されている『地獄の虹』『虹の絆』に続く、戦中・戦後の日本人キリスト者をテーマにしたヒューマン・ドキュメントの第3弾、『恋ひ死なむ』。

 戦争の戦火から九死に一生を得て日本に帰還した手島郁郎が、キリストの独立伝道者となって日本の精神的復興にあたった、奇しき事跡をつづる真実の記録――。

著者からのメッセージ――
 「聖地シナイ山(エジプト)で、汝書くべし、との天の声のようなものを感じて、本書を書きました。世の悩み、苦しみ、悲しみのなかにあるひと、あるいは、神なくして生きられないような情況に置かれているひとに、小さくとも、救いの光をもたらすものであれ、と私は祈ってやみません」

 全国の書店、またウェブ書店「アマゾン」でも予約受付中です。先ほど、「Amazon.co.jp ランキング:本で759位」となっていました。

ミルトス・メールマガジンもリニューアル

 今日は、メルマガ最終回を出しました。新しいサイトになって、新しいシステムでのメルマガを出すことになったので、ひとまず前のリストは破棄することに……。

 このメルマガ、第1号を出したのが2001年9月ですから、気付いてみたら7年間も出していたことになります。でも号数は最終回が73号……。

 1年間に10号≒1カ月に1回弱。……たいしたことないですね。

 でも、継続は力なり。イスラエルの情報などを中心にお伝えしてきましたが、たとえ細々とでも、お客様とのコミュニケーションツールとしての役割を果たしてくれたと思っています。

 今後は、この新サイトのシステムを使って、まったく違う形で出して行くことができたらと思います。ご興味のある方は、ミルトスオンラインショップのトップページから、右の「商品カテゴリー」下の「メルマガ登録・解除」からお入りください。

やっぱり新しいことをすると、いろいろ出てきますねぇ……

 昨日未明、ようやく新生ミルトス・ウェブサイトを立ち上げることができましたが、一夜明けてみると、やっぱり細かい問題が発生してきました。今日1日は、その対処に追われた感があります。

 もともと理系でもなく、ITの専門家でもない管理人ITですので(イニシャルだけはITなんですが……)、これからのことを思うと、希望・半分/不安・半分で、正直、非常に複雑な心境です。

 皆さん、どうか温かい目で見守ってくださいね。 (^^)

ミルトスウェブサイトリニューアルに伴い、今しばらくご迷惑をお掛けいたします。

 ミルトス管理人ITです。全面リニューアルということで、大変な作業でしたが、ようやくここまでたどり着きました。これもひとえにOさんのご尽力のお蔭です。感謝いたします。

 あと、もう少しで完成というところですが、とりあえず試験走行としてアップいたします。まだまだ不備な点がありますが、しばし新生したミルトスウェブサイトをご利用ください。ショッピングサイトも必見です。

 今後、よりコンテンツを強化してまいりますので、いましばらくのサブラヌート(忍耐)を! 皆さん、今後とも、よろしくです。
プロフィール

管理人I.T.

Author:管理人I.T.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。